下肢静脈瘤は遺伝的要素が強いです。

東京にお住まいで下肢静脈瘤かもしれないと思ったら、症状が重くなる前にこの病院へ。
私の両親は下肢静脈瘤になり、手術したんです。その際に先生から「両親が下肢静脈瘤の場合、約90%の確率で発症するでしょう」と言われ、ちょっとショックでした。足に血管が浮き出てくるので、何だか嫌だな~っと思っていたんですが、両親が下肢静脈瘤だったので、状況次第では私も手術が必要になるともわかり、日頃から気にしてチェックするようにしました。あと対策として下肢静脈瘤に効果ある、ストッキング、タイツ、靴下など色々と購入して対策を検討しています。仕事が終わった後、足がとてもむくみやすくなり冬場はブーツなど入らないほどムクミがひどくなることもあるんです。また夕方になると脚がむくんで、冷えやすくなり辛くなる時があったので急遽、病院受診してみました。下肢静脈瘤の初期症状だと言われ緊急で手術は必要ないけど、日頃からケアしておくことは大事だともいわれたので、シッカリと対処方法を受診の際には確認しておきましたし、その後は実行しています。
東京プライベートクリニック | :遺伝子検査・下肢静脈瘤・メディカルアロマ

下肢静脈瘤になったらどうすればいいか

下肢静脈瘤とは足の血管がむき出しになってしまう病気のことを言います。これは足の静脈に血の塊が詰まってしまうことが原因で起こることが多いです。

そこで下肢静脈瘤になってしまった場合はどのようにすればいいのかというと悪化すると治療をするのに手間がかかってしまうので、できるだけ早く血管外科にいって診察をしてもらうことが大切です。

そして血管外科に診察をしてもらって、適切な方法で治療をすれば無事に治すことができるので心配はあまりしなくていいと言えます。
そこでどのような形で下肢静脈瘤の治療をするのかというと比較的軽微な下肢静脈瘤の場合は運動など体を動かすことによって血流の流れを良くすることによって治療をしていきます。この方法であれば特に難しいことはないので安心して治療をすることができます。
また薬物を体に投与して血管に詰まった血の塊を取り除くという方法もあります。
さらにかなりひどい場合は上記の方法では対応できないので、手術をして治療をすることになります。

下肢静脈瘤は、とても足がしびれます!

足がしびれて、歩くときも気になりますし、億劫です。
足の表面に血管が浮き出たようになったり、編み目の赤いのが、あちこちにできます。
見ているだけで気になりますし、早めに病院に行くことをおすすめします。
そこでは、医師がきちんと様子を見て、こうした方がいいとか、指導をくれます。
たいていは静脈瘤の人がはく専用の、医療用ストッキングを買ってはくことを指導されます。
毎日これをつけて生活することが、治療なんだ、というそとことを教えられます。
だから、きつすぎるし、はきにくいかもしれないけど、頑張ってはくように、ということです。

市販で買ったものではだめです。必ず医師の診察の元にサイズなどを決め、医療用のストッキングでないといけません。
それは一足だいたい6000円です。
だから、二枚で1.2万くらいになるし、だいたい3枚は最低でも買うので、お金がすぐ金欠になります。

ですが、なかなか破れないので、かなりもつことはもちます。

手術だと日帰り手術で、片足10万と7000円するとかって聞きました。
それでかなり元の足に戻るそうですが、10年後にまた同じ手術をしないといけないです。10年しかもたないからです。